バカラのルール

2~3枚の手持ちのカードの合計の下一桁が「9を超えない範囲で9に近いほうが勝ち」10の位を数えない。

バカラのルールはいたって簡単で、バンカーとプレーヤーの対戦にあなたが賭けるというゲームの進め方です。

バカラというカジノ

バカラのルールはものすごく簡単なのです。最初に配られた2枚のカードの合計の1の位が9になった方が勝ちです。ただし勝敗に参加するのはあなたではなく、観客がどちらかの勝敗にかけていくのがバカラです。カードの見方は、1〜9を絵札通りの数字でカウントし、「A」は1でも11でもカウントすることが可能です。10やJ、Q、Kは「0」でカウントされます。手札自体のルールの考え方としてはブラックジャックとほぼ同じです。

バカラの用語で必ず覚えておかなければいけない用語があります。 「ヒット」=カードをさらに引くこと 。「スタンドまたはステイ」=カードを引かないこと 。「ピクチャー」=絵柄カード(J、Q、K)のこと。 「ナチュラル」=最初に配った数の合計がすでに8か9で、これをナチュラルウィンともいいます。 「デッキ」=52枚のカードを1デッキとして計算します。通常8デッキで勝負が行われます。 「コミッション」=バンカーに賭けて勝った場合には、手数料として5%を支払う義務があります。これらの言葉を覚えておかないと、バカラでは遊べないので、覚えておきましょう。ディーラーが「ノーモアベット(No more Bet)」というまで賭けたりチップを移動させたりできます。

基本的なルールは、バンカーとプレーヤーへ、カードを配るのも開くのもディーラーが行うため、あなたはチップを賭けるだけのシンプルなゲームです。バンカー、プレーヤーのどちらかの合計が5以下で、相手が「8」「9」であれば、3枚目を引く条件に当てはまろうとも、引かずに負けが決定します。プレーヤーは最初の2枚の合計が5以下ならもう一枚カードを引くことが可能で、バンカーは6以下となります。配当は基本的に勝てば2倍です。

こんなに簡単だった!

バカラのルールはシンプルで勝つと配当は倍になります。どちらかが5以下で、相手が「8」「9」であれば、相手側の勝ちとなります。それ以外は3枚目のカードを引く権利があります。

プレーヤーは最初の2枚の合計が5以下ならもう一枚カードを、バンカーは6以下でカードをさらに引くことができます。観戦したらすぐにどちらが有望かわかってしまいますよね?簡単なルールのバカラ、今日から始めてみませんか?